不眠症サプリメント

不眠症の症状

不眠症は大きく分けて入眠困難や熟睡障害、中途覚醒、早朝覚醒の3種類に分類することが出来ます。この3種類の症状が週に3回以上起こり、1カ月以上継続している場合は不眠症であると考えられます。つまり、不眠症は慢性的に不眠の状態が継続していることを言います。それぞれの不眠症の症状に合わせてどのように対策すれば良いかをこれからお話します。あなたの睡眠についてぜひ一度振り返ってみましょう。 1度は寝たけれど、音で起きたりしてその後眠れなかった場合、昼寝をしようと思ったのになかなか寝付けずに結局眠れなかったような一過性の場合は、不眠症とは言わずに単なる不眠なだけなので間違えないようにして下さい。この不眠の症状であれば、ほとんどの方が1度は経験したことがあるでしょう。また、1〜3週間ほど不眠が持続するものを短期不眠と言います。これらは、一時的な発熱などの身体的要因、時差ボケなどの生理的要因によっても起こります。原因さえ理解していればそれを解決することで不眠が改善されることがほとんどです。 しかし、不眠症に当てはまらない不眠であっても眠れないというのは辛いことです。ですから、これから眠れないということを放っておくのではなく解決していかなければなりません。そのためには、不眠、不眠症に関わらずどんな種類の不眠・不眠症であるか、そしてその原因は一体何なのかを知っておく必要があります。