不眠症サプリメント

入眠障害について

入眠障害は睡眠を取ろうとしてもなかなか寝付くことが出来ない症状のことです。布団に入っってもなかなか寝付けないと感じる方も少なくないと思います。それが入眠障害です。眠るまでに30分以上かかってしまい、本人が苦痛に感じているのであれば、不眠の疑いがあると判断出来ます。入眠障害の原因には様々なことが考えられます。以下に紹介します。

●ストレス
ストレスなどが原因で寝付きが悪くなります。例えば、大事なテストや商談の前日などいつもとは違う緊張感を感じたりした時に起こります。ベッドに入って考える癖がある人は、それが入眠障害の原因となっている可能性もあります。この場合はその緊張が消えれば治ることが多いです。

●朝起きるのが遅い
朝起きるのが遅くなると当たり前ですが、眠れなくなります。二度寝をしてしまうと寝坊してしまい夜に眠れなくなることが多いです。出来れば目が覚めた時にすぐ起きるようにしましょう。

●運動不足
体が適度に疲れていないとよく眠ることが出来ません。日頃から運動不足の方は夕食後の軽い散歩や夕方のウォーキングなど積極的に運動を行うようにしてみて下さい。

●朝カーテンを開けない
関係ないと思われがちですが、朝起きて太陽の光を浴びないと体内時計がリセットされず、体が朝であることに気づかないままになって夜に眠れなくなってしまうことがあります。朝起きたらまずカーテンは開けるようにしましょう。