睡眠ホルモン:メラトンニン│不眠症サプリメントの口コミランキング

睡眠ホルモン:メラトンニン

睡眠ホルモン:メラトンニン 睡眠ホルモン:メラトニンとは、1958年に発見された睡眠に必要なホルモンで、脳の松果体から分泌されるもので。 アミノ酸の一種のトリプトファンからセロトニンになり、そしてメラトニンになります。

メラトニンはアメリカでは、サプリメントとして売られています。 メラトニンは夜作られます。朝日を浴びると光の刺激により、目から松果体という、脳の一部に届き、セロトニンが分泌されます。 そして、太陽が沈み数時間すると、脳から夜になったと松果体がセロトニンの分泌を弱めメラトニンの分泌に変わってきます。 つまりは、日中にセロトニンの分泌をしていないと、夜にメラトニンの分泌が出来ないということです。 セロトニン自体は、脳の神経伝達物質であり。精神のバランスをとる役割がある重要なものです。 セロトニンは、気分を明るくして興奮や不快感を緩め自律神経失調症やうつ病にも深い関係があります。

実は、体内時計は一日25時間といわれています。そうです、地球時間は一日24時間です。 したがって、体内リズムを地球時間に修正しないとなりません。われわれの、体内時計を概日リズムといいます。 この時間のずれを、修正するのが(光)つまり太陽なのです。 朝日を浴びることにより概日リズムが修正され一日がはじまります。 つまりは、光を浴びないでいると概日リズムは崩れていきます。