セロトニンのそのほかの作用

セロトニンのそのほかの作用

セロトニンのそのほかの作用 人体には約10ミリグラムのセロトニンが蓄えられており、そのうち約2パーセントに精神を安定させる作用があります。これが、今までに述べてきたような作用をします。

そのほかは、止血作用や血管収縮作用などに使われています。 また血糖値が上がると、脳内のセロトニンが満腹中枢を刺激して、食欲に歯止めをかけるようになっています。そのため前述したように、食前にトリプトファンを含む牛乳を飲むと、ダイエットにいいそうです。このようにセロトニンは、睡眠以外にも、いろいろな大切な働きを担っているのです。