不眠症と夕食時間

不眠症と夕食時間

不眠症と夕食時間 毎日同じ時間帯にバランスのとれた食事をすることが、安眠のためも健康のためにも大切なことです。良い眠りのためには、胃の中はいっぱいでもいけませんし、からっぽでもいけません。いっぱいだと消化活動のため就寝後も胃が働き続けるため、興奮状態となってなかなか寝付けません。また、からっぽの場合は消化のためのエネルギーが胃腸で不要となり、血液がすべて脳に集まってきてしまい、脳が覚醒状態となってしまいます。

タンパク質や脂肪を多く含んだ揚げ物や炒め物を消化するには4時間かかると言われています。つまり寝る直前にこうした重い食事をしてしまうと、 胃の中でこれらを活発に消化している最中に眠りにつくことになります。当然ぐっすり眠ることはできず、朝起きたときに胃がもたれている、 ということになってしまいます。

魚、豆類、卵などで良質なタンパク質を摂り、夜は肉類はなるべく避けるほうが賢明です。よく眠れないと悩んでいる人は、夕食は軽めにして、その代わりランチをたっぷりと食べるようにしましょう。 夕食は眠りに入る3時間前までに済ませ、できれば就寝前の2時間は飲食を一切しないことが安眠・熟睡への近道です。

夜遅い時間に焼肉を食べるというのは、安眠のためには最悪の行動です。日本人はもともと農耕民族ですから、 穀物、野菜などをを消化するように胃腸ができています。肉類を消化するには相当大きなエネルギーと長い時間が必要なため、 肉を食べた後は内臓が長時間活動しますので、ぐっすり眠ることができません。また、タコとイカは非常に消化が悪いので、 夕食のおかずや酒のつまみとしてタコやイカを食べる時は要注意です。

帰宅時間が遅く、時間がないからといって、レトルト食品やインスタントラーメンを寝る前に食べるのは絶対に避けましょう。 どうしても夕食から就寝までの間隔が短くなる場合は、消化の良いおかゆ、雑炊、お茶漬け、たまごかけご飯、うどんなどでガマンしましょう。 または、バナナやホットミルクを夕食にすれば、眠りに効果的なトリプトファンや気持ちを落ち着けるカルシウムを摂ることができ、スムーズに眠りに入って朝までぐっすり眠れるでしょう。