ダイエットと不眠症の関係

ダイエットと不眠症の関係

ダイエットと不眠症の関係 ダイエットのために、とにかく食事量を減らすという人がいます。しかし、おなかがすいたまま無理に寝ようとしても、よく眠れるはずがありません。眠れたとしても、夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすりと熟睡できません。また、ダイエットを意識しすぎるあまりに食生活が偏ってしまい、栄養バランスも崩れて睡眠サイクルも乱れてしまうでしょう。 体のリズムが狂ってしまうと、睡眠を誘うメラトニンというホルモンが正常に分泌されなくなります。 そうすると、スムーズに眠りに落ちたり深く熟睡することが難しくなり、不眠の症状が出てくることがあります。

食事の量を減らせばやせられるというほどダイエットは単純ではありません。仮にそれで痩せられたとしても、 それは健全な痩せ方ではありません。しっかりとバランスの取れた食生活を送れば、 体のリズムが整って調子が良くなってよく熟睡できるようになります。 体の新陳代謝も促進されるため、余分な脂肪が燃焼されて体重は自然と減っていくはずです。 ダイエットにチャレンジしている人は、食事の量だけに目を向けるのではなく、質を重視して食生活を見直してみてはいかがでしょうか。