不眠症にはうどんやラーメンよりもそばを選ぶ

不眠症にはうどんやラーメンよりもそばを選ぶ

不眠症にはうどんやラーメンよりもそばを選ぶ 一杯飲んだ後に、ラーメンを食べたくなる人は多いでしょう。特に若い男性は、遅くまで飲んだ後にこってりとしたラーメンを好む傾向がありますが、これは健康のためにも安眠のためにも、良いことではありません。

お酒を飲んだ後は、ただでさえ寝つきが悪くなります。自分では深く眠っているつもりでも、実は眠りは非常に浅いのです。ここにラーメンが追加されてしまうと、胃腸の消化活動が夜中から活発に始まってしまい、体も脳も興奮状態となってしまいます。

どうしても麺類が食べたい時は、うどんやラーメンを避けてそばにするといいでしょう。そばには精神安定効果のあるビタミンB1、イライラを鎮める亜鉛、疲労回復効果のあるアミノ酸リジンなどが豊富に含まれています。原材料がそば粉ですから、小麦粉を原料としているうどん、ラーメン、パスタ、きしめん、そうめんなどとは根本的に違います。消化も良く胃がもたれないので、ラーメンやうどんと比べて寝付きが良くなります。