女性特有の不眠症

女性特有の不眠症

女性特有の不眠症 とりわけ女性の睡眠障害は、女性特有のものがあり、男性に比べてより多くの悩みがあります。 ここでは、女性の睡眠障害についてご紹介します。

女性のねむりを考える場合、 女性ホルモンとの関係は避けて通れません。 一般に、ホルモンの働きに左右されやすい睡眠のメカニズムです。 女性ホルモンは、思春期に分泌が急速に高まり、20〜30歳でピークを迎え、40歳を 過ぎたあたりから、卵巣の退化とともに卵胞ホルモンの分泌が低下します。

また、月経周期や妊娠・出産などの女性のライフイベントでも、女性ホルモンの分泌量は 大きく変化していきます。

このように女性ホルモンの分泌が周期的に変化し、年齢によっても変わる女性の 場合は、男性に比べて睡眠障害がおこりやすいと言われています。
月経や妊娠・出産、更年期に伴う睡眠障害は、女性特有のものです。
女性の性周期は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンによってコント ロールされています。

この2つの女性ホルモンは眠気の抑制や 促進など睡眠中枢にも大きな影響を与えています。 とりわけ、黄体ホルモンは、排卵〜月経直前にかけて盛んに分泌され、睡眠の質を悪化 させることが分かっています。

月経前になると日中の眠気や夜の不眠、頭痛やイライラなどの心身の不調に陥る 女性がいますが、女性ホルモンの変化と睡眠の関係が原因していると いえるでしょう。 しかし、これらの症状は一時的なもので、病気ではありません。

普通は月経開始と同時か、月経開始2〜3日で落ち着いてきます。 精神的に リラックスを心がけ、上手く乗り切るようにしましょう。 女性は40歳代後半から50歳代前半にかけて月経が止まる方が多く、この閉経を はさんだ10年前後が更年期と呼ばれています。

更年期に入ると、のぼせ、めまい、肩凝り、不眠等の、いわゆる更年期障害と呼ばれる、 さまざまな心身の不安定要素が現れてきます。

この不眠の主な症状は「入眠障害」や「中途覚醒」で高頻度に出現する事が分かっています。

そして、この睡眠障害と、のぼせ、ほてりなどの身体症状は互いに作用しあうことが多く、 身体症状が強いと睡眠障害も強く現れる傾向があります。

このようなことから 睡眠障害が改善すると身体障害もそれに伴って改善してくることが 多いようです。更年期は一時的なもので、永遠に続くわけではありませんが 症状がつらいときなどは、我慢しないで専門医に相談するのもよいでしょう。