不眠症対策にレタス

不眠症対策にレタス

不眠症対策にレタス レタスが眠りを促すことは、紀元1世紀には知られていたそうです。 古代ギリシャの学者は本にも書いていたそうです。

レタスがなぜ睡眠効果があるのかというと、“ラクッシン”と“ラクットリコピン”という物質が含まれているからです。

ラクッシンとラクットリコピンは、どの種類のレタスにも含まれているそうですが、品種によって含まれる量に違いがあります。

一般的な丸いレタスには、残念ながらラクッシンとラクットリコピンを含む量が少ないようです。 最も多く含まれるのは、ヨーロッパ種のラクツーカ、ビローサと呼ばれるものだそうです。 このようなレタスを売っているところは、おそらくあまりないと思います。 次に多く含まれているのが、サニーレタスやチュシャ(サンチュ)だそうです。

丸いレタスが作られるようになったのは、16世紀といわれています。 改良されて作られるようになった丸いレタスよりは、原種に近い葉レタス類のほうが、ラクッシンやラクットリコピンを多く含むようです。