足湯で不眠症対策

足湯で不眠症対策

足湯で不眠症対策 足にはツボが集中しているので、足を温めることで血行が良くなります。 忙しいとき、風邪を引いてお風呂に入れないときなどには、足湯は最適です。

足湯の場合、お湯は洗面器やバケツなどに入れるだけでいいのでお手軽です。 お湯の量は好みですが、くるぶしくらいまであれば十分です。 お湯の温度は、ツボを刺激してときほぐす作用をねらいたいので、熱めのお湯が良いようです。 だいたい、45度〜47度くらいの熱いお湯に、5〜10分くらいつかると効果的です。 足がじんじんするくらいが良いようです。

眠るには体温が下がらなければなりません。 体温が下がるためには、熱の逃げ道が必要です。 足を温めることで血行が良くなるので、皮膚から熱を逃がすのです。

足湯ができない場合、手を温めるだけでも効果が上がります。