交代勤務の方の睡眠障害対策

交代勤務の方の睡眠障害対策

交代勤務の方の睡眠障害対策 夜に働く人は、朝に家に帰って、それから眠ることかと思います。 つまり、普通の人とは反対で、昼と夜がさかさまになった生活を送ることになっています。 そのような人には、“交代勤務睡眠障害”が起きるようです。

朝は、体温が上がってきて、太陽が出てくるので明るくなります。 そうなると、睡眠物質であるメラトニンが、抑制されます。 夜勤者は、そのようなときに眠らなくてはなりません。

夜勤者は、人間が持つ本来の生活リズムとは逆のことをしてしまうことになります。 ですので、なかなか寝付けなかったり、熟睡できずに何度も起きてしまう、という睡眠障害が起きるようです。 場合によっては、そういった睡眠障害が原因で、体調を崩してしまうこともあるかもしれません。

仕事を辞めるわけにはいきませんので、夜勤のある人は夜に働くのはしかたのないことでしょう。 しかし、交代勤務睡眠障害で体調を崩してしまうのは困ります。 ですので、睡眠障害をやわらげる工夫をされると良いのではないかと思います。

その工夫とは、朝日を浴びないようにする、ということです。 太陽の光は、睡眠物質のメラトニンを抑制するからです。 朝に家に帰るときには、帽子、サングラス、日傘を使ってできるだけ光を浴びないようにします。 家に帰ってからは、シャッターを閉めて、できれば遮光カーテンで部屋を暗くしましょう。

夜に働いて朝から眠る、という生活をされている人は、体調を崩しやすいといわれます。 質の良い睡眠をとって、体調を崩さないように気をつけましょう。