不眠症(睡眠)とアルコール

不眠症(睡眠)とアルコール

不眠症(睡眠)とアルコール お酒には血行を良くする働きがあります。 “寝酒”という言葉があるくらい、お酒は眠りやすくなるための手段として知られています。

たしかに、お酒には眠りを誘う作用があるそうです。 実際にお酒で眠くなる人も多くいます。

しかし、お酒を飲むことに慣れてしまうと、同じ量を飲んでも効き目がうすくなってきます。 眠くなるためにいつもお酒を飲んでいると、しだいに飲む量が増えていってしまう、という弊害があるのです。

それと、酔って眠った人はよく“いびき”をかきます。 いびきをかくほどグッスリ眠っている…のではありません。

お酒には眠くなる効果があります。 眠りに入ってから3〜4時間は、レム睡眠が減ってよく眠れます。 しかし、それ以降はレム睡眠が増えて、覚醒するようになります。 レム睡眠というのは、まぶたの下で眼球が動いている状態のことです。 レム睡眠のときには、眠りが浅く、よく夢を見ます。 つまり、お酒に依存した眠りは、質の良いものではなく、脳の疲れもとれにくくなるのです。

それに、お酒には利尿作用があるので、眠っていてもトイレに行きたくなって目が覚めることもあると思います。 お酒の力で眠るのでは、質の良い睡眠は得られないようです。