夏の安眠(不眠症)対策

夏の安眠(不眠症)対策

夏の安眠(不眠症)対策 夏は夜になっても暑くて、寝苦しいと思います。 夏に眠りやすい室温は、25度といわれています。

眠るときにはエアコンを使うことでしょう。 部屋の温度を調節してくれるエアコンは、素晴らしいものですよね。 ただ、起きるまでつけっぱなしにしておくと、体調を崩してしまったり、全身がだるかったり、ということもあります。 エアコンをつけるのは、「切タイマー」で設定して、眠り始めの1〜3時間くらいにしておきましょう。

頭が冷たくて、足が温かい状態が、眠りやすいといわれています。 暑さを感じているのは脳です。 室温を下げなくても、脳に向かう血液を冷やすと、なかなか眠りやすいようです。

ビニールに入った保冷剤をタオルで巻いて、首筋にあてて眠るとよいようです。 また、水枕を使ってみるのもいいと思います。 最近では、冷たい枕というものも販売されているようですので、それを試してみるのも良いかもしれません。

ただし、冷やせば冷やすほど良い、ということではありません。 冷やしすぎには注意しましょう。

それと、夏は暑さと湿気で汗をかきます。 寝るときに掛けるものは、通気性が良くて、汗を吸い取りやすい素材を選びましょう。