時差ぼけ対策

時差ぼけ対策

時差ぼけ対策 時差ぼけは生活リズムのズレによっておこるので、現地のリズムにできるだけ早く合わせる必要があります。

<東へのフライト>
東向きに移動すると、現地に着くと時間は時差分進んでいます。 時差が8時間だとすると、時計は現地に着いたときには8時間進んでいます。

つまり、ものすごい早寝早起きが迫られます。

<西へのフライト>
西向きに移動すると、現地の時間は時差分遅れています。 もう、お分かりですね。

逆に、宵っ張りを強いられます。

時差ぼけを解消するには、体内時計を現地時間にあわせてしまいましょう。 体内時計のリセットには太陽の光が一番有効です。

現地が朝、昼なら太陽の光をできるだけあび、夜なら部屋を暗くしましょう。