睡眠ホルモン:メラトニンの増やし方

睡眠ホルモン:メラトニンの増やし方

睡眠ホルモン:メラトニンの増やし方 睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンを増やすには、どうすればいいのでしょうか。

牛乳やバナナなどに含まれるトリプトファンというアミノ酸は、セロトニンという脳内物質をつくる原料となります。そして、セロトニンは分解されるとメラトニンという睡眠ホルモンの分泌を促す働きがあります。

ぐっすり熟睡するために効果的なサプリメントとして、アメリカではメラトニンが注目されています。また、ナイトミルクという言葉を聞いたことがあるかもしれません。牛は夜になると昼間の3〜4倍のメラトニンを分泌するため、夜に絞ったミルクを飲むとより多くのメラトニンを摂ることができ、より眠りやすくなります。また、メラトニンは「若返りのホルモン」とも言われています。睡眠を十分にとることで脳中でメラトニンが分泌され、若さを保てるというわけです。

メラトニンは人体の内部で自然につくられるホルモンであり、朝起きて夜寝るという当たり前の生活サイクルを保っている限り、サプリメントで摂取する必要はありません。ただし、年齢とともにメラトニンの分泌は減少しますし、生活が不規則な方は正常にメラトニンが分泌されていないことがあります。明け方に目が覚めてしまうという方はメラトニン不足を補うために、サプリメントを夕方以降に飲むと自然に寝つき、朝早く起きてしまうこともなくなってくるはずです。

サプリメントよりも食品でメラトニンを摂りたい方は、青汁の原料としても知られているケールがおすすめです。ケールとは地中海原産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種です。ビタミン、ミネラル、食物繊維だけでなく、ビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、カルシウムを豊富に含んでいます。