ストレスと不眠症

ストレスと不眠症

ストレスと不眠症 不眠症とストレスは密接に関わっています。ストレスにはいろいろな要因がありますが、 仕事上のトラブルや想定外の出来事だけでなく、気温もストレスの一因になります。 また、感情の起伏の激しい人は、いつも強いストレスに直面しているとも いわれています。

ストレスも受け止め方によって、心身に与える影響はまったく異なってきます。 要は、前向きなプラス思考を受け止め方をするか、後ろ向きのマイナス思考の 受け止め方をするかによって違ってきます。 マイナス思考のストレスは、脳に伝達し、イライラをつのらせます。 マイナス思考のストレスは、精神的な問題だけでなく、身体にもストレスの影響を 引き起こし、肩こりや首の痛み、背中の痛みなど、いろいろな症状を誘発します。 マイナス思考のストレスは、血液の流れにも影響を与え、血管を収縮させ血圧も 上がります。

また、血行が悪くなると体温の放出もうまくいかないため、穏やかな眠りにつくことも 難しくなり、寝つきが悪いという現象を引き起こします。 マイナス思考は何事にもマイナスにしかなりません。 安眠・快眠のためにも気持ちの切り替えの訓練を重ね、プラス思考になるように することが、心と身体の健康にとって大切なことです。