アメリカ(米国)の睡眠事情

アメリカ(米国)の睡眠事情

アメリカ(米国)の睡眠事情 アメリカ(米国)のある報告によると、1979年に起きたスリーマイル島の原発事故や、1986年のスペースシャトル・挑戦ャー号の爆発事故 、 そして、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故っていう大きな事故は、関係者が睡眠不足であった事が直接的な要因となったと指摘してます。

アメリカ(米国)では睡眠障害によって引き起こされる、交通事故等の経済的損失は、年間460 億ドルにものぼる様です。 たかが睡眠不足と軽視してはいけないことが、この巨額のデータ結果からもわかると思えます。

アメリカ(米国)では、人口の約15%の4,000 万人っていう沢山の人達が、睡眠についての異常をもっています。 これによって、米国では「国立睡眠障害センター」が設立されました。 ここを拠点とをして、睡眠に関する研究や医学的な教育、又、一般の人々にも理解してもらうような活動を展開してます。 そのほか米国では、24時間操業している工場において、働いている人々の健康を一番重視し、事故が起こらない様に努めています。