不眠症対策:日中の過ごし方

不眠症対策:日中の過ごし方

不眠症対策:日中の過ごし方 不眠症対策として、日中の過ごし方に気を配ることが大切です。

まず、朝起きたら太陽の光を浴びるようにして下さい。人間には「メラトニン」というホルモンが分泌されます。これはいわば「眠るためのホルモン」のようなもので、このメラトニンがしっかり分泌されないと、夜になっても眠くなりません。

では、メラトニンが分泌されるには何が必要なのか?それは、日中に太陽の光を浴びることです。朝起きたらカーテンを開け太陽の光を浴び、お昼前後もなるべく太陽の光を浴びるようにしましょう。 つまり、1日中部屋にこもっていては、メラトニンが十分に分泌せず、夜眠れなくなります。 なぜなら、室内の蛍光灯は400〜700ルクスですが、太陽光は晴れている日は3万ルクス、曇りの日での1万ルクスあると言われています。つまり、光の明るさのレベルが全く違うのです。

どうしても外出できない時は、窓際に立ち、カーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしてみてはどうでしょう。それだけでも、3000〜5000ルクスの光を浴びることができます。 仕事中もなるべくカーテンは開けておいた方がいいかもしれません。 ちなみに、メラトニンは22:00頃から分泌量が増えはじめ、深夜2時前後に分泌のピークを迎えるので、遅くても深夜1時ごろまでにはベットに入った方がいいと思います。