不眠症と漢方

不眠症と漢方

不眠症と漢方 現代はストレスにつながることが多く、不眠症で悩む人も年々増加傾向です。 不眠症とまではいかないまでも、不眠症になりかけの方も含めたら相当数の人が不眠に悩んでいるということになります。

不眠症改善というと、お医者さんにいき、睡眠薬を処方してもらい、徐々に治していくという方法もありますが、西洋医学以外でも不眠症対策のできるものがあります

それは漢方です。漢方を処方してもらうには専門家のところに行って自分の症状を詳しく話してから行うのがいいでしょう。

不眠症よいとされている漢方を挙げてみると、不眠症の症状には不安が付きまとってしまって眠れないという症状があります。 そんな不安のための漢方の一例を挙げてみると柏子養心丸や酸棗仁湯などがあります。

不眠症対策の漢方をのみたいと思う方は一度漢方専門店でのカウンセリングが効果的です。 一口に漢方といってもその症状によってまた専門家によっても使うものが違うというからです。

話は変わりますが、漢方の不眠症対策にも西洋のアロマテラピーと同じようなものがあります。 それは薬枕療法とよばれ、鼻の粘膜を刺激して生薬成分を吸収させるようにし、心身ともにリラックスさせ、疲労を回復させるという方法があります。また薬草を焚いてその香りを吸うことによってからだの中から改善していくという不眠症改善方法もあります。