不眠症の外来

不眠症の外来

不眠症の外来 不眠症の診察を受ける場合には病院の外来に行かなくてはなりませんが、何科に行けばいいのでしょうか? 大きい病院ならば専門の診療科として精神科、精神神経科、心療内科などがあるのでそこの外来に行きましょう。 また、かかりつけの医者がある場合やクリニックがある場合にはそこに相談するのもいいでしょう。

不眠症で外来に行く前に準備をしてから行きましょう。準備とは不眠症の治療を受ける場合に必ずといっていいほど質問が出るので、自分の症状を振り返るためにも事前の準備はしていきたいものです。

医師に聴かれる質問としては、いつ頃から眠れなくなったのか、その心当たりになる原因が特定できるか?入眠るまでにどのくらいの時間がかかるのか、不眠以外に何か別の症状はあるのか?といったところが主だった不眠症に関しての質問です。 事前に整理することでその後の診察もスムーズになるので時間の短縮になります。

また、不眠症治療の前のチェックシートもあるので、それらを活用してみるのもいいでしょう。 また不眠症で外来では主に医師に質問されてそれに答える形式での問診が通常です。

しかし、問診で症状の診断がはっきりしない場合には、睡眠中の脳波や心電図を図ったり、睡眠ポリグラフィという検査することもあります。この検査には特殊な機器が必要なため、設備の整った規模の大きい病院などで受けることになります。 そのため診察期間は長くなってしまうのでその辺も考慮しましょう。