夢を多く見ることは不眠症なのか?

夢を多く見ることは不眠症なのか?

夢を多く見ることは不眠症なのか? 身体は休息状態にもかかわらず、脳が浅い睡眠状態にある睡眠のことをレム睡眠といいます。人はこのレム睡眠時に夢を見ることが多いと言われています。(ノンレム睡眠の時に、決して夢を見ないというわけではないようです)レム睡眠の最中に起こされると、自分がたった今夢を見ていたとハッキリと認識できる傾向があります。

レム睡眠は約90分周期でくり返し発生しますから、8時間眠る人は5回のレム睡眠を体験し、5回の夢を見ていることになります。しかし、起きた時に5種類の夢をすべて覚えているということはなかなかありません。通常、起きたときに覚えているのはせいぜいひとつの夢(ストーリー)ではないでしょうか。それは目覚めの直前のレム睡眠の時に見ていた夢だと考えられます。

夢を見ることと、夢を覚えているかどうか、ということはまったく別のことなのです。ほとんどの人は夢を見てもそれを覚えていないだけなのです。「昨日は夢を見なかった」という人がいますが、「昨日の夢は覚えていない」と言うのが正確な表現と言えるでしょう。夢ばかり見ていて自分は深く眠っていないのではないか、不眠症ではないか、と悩んでいる人がいますが、夢をよく覚えていることと不眠症はまったく別のことなのです。