悪夢を見ること

悪夢を見ること

悪夢を見ること 「悪夢」に関しては、医学的には解明されていません。

たいてい、夢はだれでも見ていても、覚えていることは少ないものです。 夢の内容も多種多様あり、悪夢の方がとくに覚えているので、沢山の場合が悪夢となるのです。 悪夢っていうものは、病気では無いので、治療の対象には殆どいけません。 しかしレム睡眠の状況の時が、夢を観る割合が多いことから、悪夢を十分見るという事は、睡眠の質が悪化していると考えられます。

悪夢に関しての有効な対応策は、さほどないようですが明確な要因がハッキリしているときは、精神療法を行なうことによって効果がある様です。 又、睡眠薬のほとんどは、レム睡眠を減少させる効果があるので、悪夢によってなんでも寝足らなくなっているようなら、睡眠薬を服用することで効果が出ることが挙げられます。 専門の医師に症状を明確に伝え、睡眠薬の処方箋を頼むとよいでしょう。

悪夢をしょっちゅう見る人の割合は、5〜10%と報告されています。 その要因としましては、スピリチュアルなストレスやトラウマがあるとき、レム睡眠が増加して睡眠そのものが障害されているときなどです。 ストレスやトラウマがあるときは、レム眠りが増えることで、睡眠障害が起き、悪夢を観ることとなります。 レム眠りが増える要因は、スピリチュアルなものとは別に、生活面に問題がある様です。 それは、寝室の温度や湿度が適していなかったり、生活のリズムが乱れているなどです。 ただ問題なのは、これらの要因がハッキリと見つからないケースが目立つ事です。