頑張り過ぎが不眠症の原因になることも

頑張り過ぎが不眠症の原因になることも

頑張り過ぎが不眠症の原因になることも 仕事や家事・育児など毎日の出来事を一生懸命頑張り続ける、というのは、自分でも気がつかないうちにこころの中に疲れが溜まってしまっていることがあります。

特に几帳面な人や責任感の強いタイプの人は、頑張ることを当たり前と思って、実力の全てを出し切ってしまい、「頑張りすぎ」状態になっている場合があります。 気持ちや体力に余裕がある時は問題ありませんが、どこかで余裕が無くなったり体調を崩してしまことで、うつなどの心の病へ、さらに睡眠障害を引き起こしてしまいます。