薬原性不眠

薬原性不眠

薬原性不眠 疾患の治療等でお薬を常用している人の中には、服用後に強い眠気を感じて活動できなくなったり、 朝目覚めた後でもボーっとした状態が続いてしまうという症状がおきることがあります。 こういった薬の副作用による睡眠障害の症状は、同じ薬を使っている全ての人に現れるわけではありません。 体質によって現れ方が違ったり、以前までは平気だったクスリも体調の変化によって不眠・過民症状を引き起こす事もあります。

薬原性不眠が起こってしまっている場合には、お薬の使用をやめるか使用方法を変更する必要があります。 この時、専門的な知識を持っている人が対処しなければ行けませんので、自己判断で使用方法を変えてはいけません。 そのため、何か病気やけがなどの治療をで他の薬の服用を始めたら夜眠れなくなった、 昼間眠くなるという場合には、すぐに医師にに相談しましょう。