不眠症対策としての昼食の摂り方

不眠症対策としての昼食の摂り方

不眠症対策としての昼食の摂り方 朝食でしっかり頭と体を活動モードにしたら、昼食は活動中に必要なエネルギーを補給して覚醒を維持するための食事だと考えてください。

夕食までにエネルギーが足りなくなると覚醒を維持できずにボーっとしてしまったり、お腹がすきすぎて夕食を沢山食べることになると体内時計のリズムは崩れやすくなります。 エネルギーの消費量が最も多くなるのは、午後3時前後です。そのため、昼食ではエネルギーになりやすいものをしっかりと食べておいても体につきにくのです。