不眠症と更年期障害│不眠症サプリメント

不眠症と更年期障害

不眠症と更年期障害 女性の更年期障害の症状の一つとして不眠症があります。
中高年までは、男性より女性の方がよく眠れている人が多いのですが、 中高年になると、逆に女性は男性よりも眠れなくなり、 睡眠薬に頼る女性が増えたり、睡眠に不満や悩みを抱える人が多くなります。

更年期障害が理由として考えられています。
閉経前後の更年期障害によって、女性ホルモンの分泌が少なくなることで、 体がほてったり汗が出たりして、なかなか眠れなかったり、 夜中に何度も目が覚めたり、朝早く目が覚めてしまったりする症状が現れます。

このような不眠症のことを「閉経時不眠症」と呼びます。 閉経時不眠症は、数か月から数年間も続く場合もあり、うつ病に発展することも。

不眠症サプリメントで、毎日の眠りをサポートしていきましょう。