不眠症の対策法│不眠症サプリメント

不眠症の対策法

不眠症サプリメントの紹介 不眠症対策として一番に考えなくてはならないことは、交感神経の興奮を抑えることです。 自律神経のバランスが狂ったり興奮の度合いが強かったりすると、 夜になっても交感神経の緊張が続いているため、 不眠症の原因になってしまうと考えられています。
不眠症対策のためには、昼間に興奮しすぎない、ということに気をつける必要があります。 特に自律神経がバランスを欠いていたりすると、一度交感神経が強く興奮すると、それを鎮めるのが大変です。 ですから、昼間から行動に気をつけて、あまり強く興奮するようなことがないように、また、ストレスをためないような工夫をするようにしましょう。

不眠症の対策にはカフェインに注意することも重要です。 カフェインの取り過ぎは睡眠を阻害することは、もはや周知の事実です。 カフェインの入ったコーヒーや緑茶の取り過ぎに気をつけましょう。意外なところでは、紅茶やココアにもカフェインがたくさん含まれています。 不眠症の対策を真剣に考えている間は、できるだけカフェインの含まれた飲み物は避けるようにすることが必要です。
早めに寝る態勢に入ることは、とても効果的です。まず、寝る3時間前から、テレビはとめてしまいましょう。そして、同じく3時間くらい前から、部屋の電気も暗めにします。落ち着いた室内で、ゆっくりと時間を過ごして、交感神経の興奮を鎮めるようにします。
お風呂は寝る2時間くらい前に入るようにすると安眠を誘うためには良いようです。 ぬるめのお湯(38〜40度くらい)に20分くらいゆっくりとつかり、体を芯から暖めるようにします。

不眠症対策には、副交感神経を優位にすることです。 お風呂で体温が高くなると、それを下げようとして、副交感神経のスイッチが入り、働き始めます。それが眠りを誘うということです。 ただし、熱いお湯に入ってしまうと、逆に交感神経が働いてしまい逆効果です。 ぬるめのお湯にゆっくり入って、体と心をリラックスさせるようにしましょう。 このようにして、眠る前の環境を整えることが不眠症対策になります。布団に入ったら、心配事や嫌なことは考えないようにして、 リラックスして深くゆっくりと呼吸を整えましょう。すぐには効果は実感できないかもしれませんが、毎日意識して続けてみることが大切です。