不眠症と糖尿病│不眠症サプリメント

不眠症と糖尿病

不眠症と糖尿病 糖尿病の方も、眠れないこと(不眠)に悩んでいることが多いことが分かっています。 糖尿病があると、のどの渇きがあったり、夜トイレに行く回数が多くなりがちで これらが眠りを妨げることがあります。
また、糖尿病により痛みやしびれなどの神経の症状があると眠れない原因になります。

一方、睡眠時間が短かったり、深い睡眠がとれないと血糖値が上がることが分かっています。 その原因として、不眠によってインスリンの働きが悪くなる(インスリン抵抗性)ことが 考えられています。「眠れないこと」が糖尿病治療の妨げになっているのかもしれません。