不眠症とうつ病│不眠症サプリメント

不眠症とうつ病

不眠症とうつ病 眠れないと頭がぼーっとして気分が弾まない状態が「不眠によるうつ状態」です。
また、うつ病の患者はほとんどが不眠を症状として訴えます。これが「うつ病による不眠症」です。

うつ病の不眠は寝付きが悪かったり、寝ても数時間しか眠れないで起きてしまったり、 どんなに遅く寝ても早朝に目が覚めてしまうという症状が多いようです。

このような状態が2週間以上も続くとうつ病と診断される可能性が高くなります。 睡眠時間がとれないので、食欲はなく一日中眠く、日常生活に支障をきたします。

本人は怠けているわけではないのですが、すべての行動や思考スピードが恐ろしく低下して 何をするもの困難な状態になってしまいます。 睡眠薬睡眠導入剤を処方されることもありますが、 カウンセリングや抗うつ薬などで少しずつうつ病の症状を改善していきましょう