マイスリー 効果・副作用│不眠症サプリメント

マイスリー 効果・副作用

マイスリー 効果・副作用 マイスリーは睡眠薬の一種です。マイスリーの誕生は1992年で、 日本では2000年よりアステラス製薬によって販売されています。医師の処方が必要な睡眠薬です。

マイスリーという名前は実は日本での商品名で、アメリカや他の国では異なる商品名で販売されています。


マイスリーの副作用

マイスリーの主な効果としては、入眠困難や熟睡障害の解消があげられます。ただし症状によっては 効果の薄い場合がありますので、適応する症状をよく確認すると良いでしょう。

反面、マイスリーの副作用として、ふらつきや昼間の眠気、頭痛、倦怠感、吐き気、嘔吐、めまい、 不安感の増大、悪夢を見る、気分の高揚等の症状が出る場合があります。その他にもマイスリーの 副作用が強く出た場合は依存性が認められたり、黄疸、肝機能障害、興奮、呼吸が弱くなる、 錯乱しやすくなるなどがあるので、医師によく相談した上で使用してください。


睡眠薬に頼りたくないという方は、不眠症対策のサプリメントを試すのもよいでしょう。